ここではない、どこか遠いところ

旅行記, 写真, 読書, etc...

ミノルタTC-1で撮る台湾

新入りカメラのTC-1を携えての旅行、一発目は台湾へ!


台湾は初めてでしたが、まだ少し発展途上の街の匂いやリーズナブルで美味しい料理など、魅力にあふれた国でした。ぜひともまた行きたい!!

今回は、夕方や夜の撮影が多いかな?と思ったので(有名な夜市や九份など)、自分としては奮発して富士フィルムのVenus 800を使いました。


TC-1の実力、素晴らしいです。こんなに小さくて軽いのに、ここまで写りにキレがあって空気を取り込んだ写真が撮れるなんて……かなり感動しました。もうこれはメインカメラ間違いなしです。(何よりデザインが美しくテンション上がる。)

ただし、動作音めちゃうるさいので、それが愛嬌だと思える方におすすめです。

www.anyplacebut.tokyo

では、作例&簡単な旅行記です。

台北市内


台北でまず驚いたのは、バイクの多さ。しかも2人乗りは当たり前、家族で4人乗りしてる時はビビりました……。


ホテルの近くにあった迪化街(ディーホアジエ)。問屋街です。アメ横や合羽橋に近いかな。


行った日はたまたま台湾の大型連休だったのですが、賑わいはそこそこ。地元の人もここで買うのか、観光客向けなのか……?カラスミとか同じ商品が延々と売っていて、商売になるのかと不思議に思う。


猫は全体的に細身。南国系の猫ってそうなんですよね。


迪化街だけの特徴なのか定かではないのですが、建物がサンドイッチ形式(仮称)なのが面白かった!道路|店舗|中庭&住居|店舗|道路、という構成がながーく続いてくんです。店舗の中を覗くとたまに向こう側の中庭が見えて、それがまぁ情緒的で素敵なんです。


MRT(地下鉄)に乗って龍山寺(ロンシャンスー)へ。台湾のお盆にあたる日だったようです。

※わざわざ読み仮名書いてるのは、きっと行けば感じていただけると思うんですが、読みがわからないと不便なんですよね。入力できないと検索できなかったりして……。


お参りをしにきたというより「ただ居るだけ」の地元民らしき人が多いのが印象的でした。憩いの場って感じなのかな?


歩道はアーケード状になっていることが多いです。朝食のお店は早くからポツポツやっていますが、超地元民向けの店は薄暗くて難易度が高い。


雙連(そうれん?)朝市へ。夜市が有名な台北ですが、ここは朝市が有名。ただ、食べ歩き系の店は少ないです。地元の人向けで、野菜やフルーツや魚介など、あと下着とか洋服とか……。


鼎元豆漿(ディンユァンドゥジャン)」という朝食の美味しいお店へ。お粥がとても美味しい!揚げパンとセットで頼むのが鉄板らしい……うっかり揚げパン頼み忘れて後悔。


最終日に行った「欣葉(シンイエ)」。高級台湾家庭料理(なんか矛盾してる)のお店。台北市内に数店舗ありますが本店(創始店)に行きました。清潔でサービスと味がよく安心感があります。でもローコスト旅行に慣れた人にとっては逆に落ち着かない店かもしれない。高級中華料理店が好きな人にはおすすめです。物価が安いので日本よりお得なはず。

猴硐&九份


猴硐(ホウトン)という、猫が多いことで有名な駅へ。ローカル線(十分鉄道)は大型連休なので日本の通勤列車並みの混み具合……かなりきつかったです。。


猫はたしかに多いけど、思ったほどでもなかったかな〜。ていうか、本物の猫よりも猫グッズとか猫看板とかが多くて「もうちょいうまくやったらいいのに」と思っちゃいました。この写真でもわかると思いますが、もともとは寂れた田舎です。そのままでいいんだけどな。笑


こいつはずっとベロ出して寝てた。


看板ネコ。おとなしい。されるがまま。


タクシーで九份(ジウフェン)へ!『千と千尋の神隠し』の舞台になったという噂の街です。ちなみに台湾のタクシーの運転はめちゃ荒いので心臓の弱い方は要注意。


とっても絵になります。


夕方〜夜の時間帯がきれい。階段はそこまできつくない。人は多め。でもこの日は比較的空いていたらしい。


あまりに疲れていたので、ご飯。入れる店を探すのも一苦労という混み具合でしたが、運良く見晴らしのいい食事処を見つけました。港が一望できます。


夜になり、ライトアップされるとこんな感じ。幻想的。帰りはバス待ちが大変すぎるので、タクシーがおすすめ。Uberは使えるけどまず呼べないので、運よくタクシーが流れてくるのを待ちました。

三峽&鴬歌


三峽(サンシア)という老街(古くて雰囲気のいい街)で有名なところへ。台北から1時間くらいかな?


台湾のサグラダファミリアの異名を持つ、三峡祖師廟(読み方わかりません)へ。確かに細かい彫りが素晴らしく感動しました。


こちらもお盆仕様。ド派手な色使いはメキシコを彷彿とさせる。


細かいし、迫力がある。日本のお寺の繊細さとは全然違う。詳しくないんですが、こういう超絶彫り細かい系のお寺は日本にあるのかな…?


鴬歌(インゴー)は陶器で有名な街。茶器がお目当ての人には楽しいと思います。


感想。

台湾はメキシコに似ている!とずっと思ってました。気候はメキシコの方が乾いていますが、薄暗くてカラフルな感じもそうだし、発展段階が近いのか、街の汚れ方とはアンバランスにお洒落な場所があるところとか。

でももちろんメキシコより全然近いし、食べ物が日本人好みなので、これはリピートしたい!って感じでした。

とにかく混雑している時期だったようでどこもかしこも混んでいて、電車も座れずかなり疲れました。行く先の祝日ってあんまり考えたことなかったけど、要注意ですね。

こんな記事もあります

www.anyplacebut.tokyo