ここではない、どこか遠いところ

旅行記, 写真, 読書, etc...

ハロー、ミノルタTC-1!

ゲットしてしまいました。Minolta TC-1 Limited

以前も書いたように(↓)、長年「カッコいいなぁ」と憧れていたTC-1という高級コンパクトフィルムカメラ。
www.anyplacebut.tokyo

時々調べては、

高いな〜。

とりあえずクラッセがあるしな〜。

と、そっと画面を閉じる日々が続きましたが、今年は旅行の予定がちょいちょいあるので、コンパクトカメラ熱が上がってしまい……ついに、迎え入れてしまいました。

しかも、2500台限定で販売されたブラック!!

スタンダードモデルのチタンシルバー×黒の組み合わせも嫌いではないけれど、凹凸のないTC-1のデザインには、オールブラックのカラーリングがとてもハマると思ったんです。


限定モデルは中古相場で普通のやつの倍ぐらいするんですけどね……。

+ + +

私はカメラの知識がそんなに深くないので、ほぼ見た目と機動性でTC-1を選びました。しかし、そうはいっても「写りが非常にシャープである」という評判がなければ買わなかったと思います。この小ささで写りが良い、しかもやわらか雰囲気系でなくキレキレ系(俗にカリカリと評される)という点がぐっとくる。

が、まだ現像に出していないので、とりあえず触って撮ってみた感想、ファーストインプレッション。を書いてみます。

小さくて軽い、けどずっしり

特筆すべきはやはりその小ささ。

手前からTC-1、Fujifilm クラッセ S、Fujifilm ナチュラクラシカのホワイト(実はこれも限定)、Contax T2。カメラのクラスとしてはT2と並ぶ高級モデルなTC-1ですが、サイズ感はナチュラより小さいぐらい。

持ってみると「意外と軽い!」と思うんですが、やっぱりずっしりしています。ほどよい手応え、質感。

手頃なコンデジやスマホのカメラしか使ったことのない人からするとたぶん「重い」、けどフィルムカメラに慣れている人からすると「軽い」。フィルムカメラって、大きくて重いものが多いですよね。比較的入手しやすくてレトロ感がかわいい昔のOlympus Penとかも、お店で持つとずしーーーっと重い。それに比べるとTC-1は、かなり軽い!という感じです。でも金属製なので安っぽさは皆無です。惚れ惚れ……。


ファインダーがクリア!

これは最初に驚いたポイント。こんなに小さいのに、ファインダーがすごく明るくて見やすい。一眼を覗いているような感覚です。


↑伝わるかな?


音がうるさい

音がけっこううるさいです。ONにすると飛び出てくる沈胴式レンズの「ウィーン」という音がすでにうるさめで、シャッター音の「カシャッ」もかなりうるさいです。今まで使ったカメラでダントツにうるさい。

が、慣れると愛らしく、個人的にはあまり気になりません。

注)赤ちゃんとかはびっくりして泣いちゃうかも。。うちの猫は大丈夫でした。隠し撮りはまずできない!

シャッターが異様に軽い(失敗しがち)

とにかくシャッターが軽いです。軽すぎるので、

半押ししているつもりがシャッター切れてた!

っていうのが、1本のフィルムで10回近くありました(笑)これは慣れだと思うし、シャッター切っちゃったとしても「まぁいっか」という精神でいます。

変態的なメカ

TCは「The Camera」の略とのこと。ミノルタが渾身の力を振り絞って制作したカメラ。それだけに、メカが変態的で素敵です。

TC-1の大きな特徴のひとつに「完全円形絞り」があります。カメラ前面に調整のダイヤルがあり、それを回すと4段階に絞りを調節できるのですが、丸い穴のあいたプレートが重なりながら動くことによって、絞りを調整するんです(説明が難しい)。いじると感覚的にわかるこの仕組み、面白くてついついガチャガチャやって見てしまいます。あー穴の大きさが変わってるなー、そうか絞りってこういうことだよなー、と。完成度が高いはずなのに、妙にアナログ感がある。愛しいですね。。


↑これはF16の状態で、最も穴が小さい


なんといっても四角い!

この四角い形が素晴らしすぎて、まぁそれが一番好きです。無駄な凹凸がなく、直方体にスッキリおさまっている。かっこいい。美しい。面と角がきちんと出た形状が大好き。

それでいて、小さくて軽くて写りがいいなんて……のループ(笑)


以上、ファーストインプレッションでした。


参考サイト
enutana.com

こんな記事もあります

www.anyplacebut.tokyo