ここではない、どこか遠いところ

旅行記, 写真, 読書, etc...

無人島・野崎島までの15分【五島列島の旅 08】

車で津和崎(つわざき)港に着くと、津和崎丸の船長(?)さんが待っていた。

◉「わ」ナンバーの車で約束の時間に現れる
◉いかにも旅行中の夫婦
という状況で向こうは一瞬で判断したらしく、結局一度も名前は聞かれなかった。

船長さんは標準的な体格に日焼けした浅黒い肌の、人の良さそうな男性だった。口数は多くないけれど、時々冗談を言ってくれる。

↓前回の話はこちら
www.anyplacebut.tokyo

+ + +

五島について調べ始めてから、真っ先に「行きたい!」と思ったのが野崎島にある旧野首教会だった。

(字面を見るとちょっと怖そうだけれど、別に凄惨な事件が起きた場所ではない。)

野崎島は五島列島の北に位置する無人島。かつては集落があったが、高度経済成長期を経てだんだんと人口が流出してしまい、平成13年についに無人島になったのだという。*1

そんな野崎島の高台にいまだポツンと建っているのが、旧野首教会だ。煉瓦造りのずっしりした建物、まわりに自生している木々、のびのび暮らす鹿たち、青い空と海。すべてが重なり合う風景は五島列島の中でもひときわ魅力的だろうと思ったし、実際にそうだった。


↑煉瓦造りの建物が旧野首教会


しかし、この野崎島。アクセスにやや問題がある。

基本的にはまず、近くの小値賀島(おぢかじま)に渡ってから「はまゆう」という定期船で島に渡ることになる。しかし便は少ないので、1日のうちに中通島〜小値賀島〜野崎島の往復は無理。そうなると小値賀島にも宿泊しなければいけない。小値賀島も魅力的な島だと思ったけれど、二泊三日の旅行で一泊使うのは痛い……。


そこで、ネットで情報を集めて知ったのが「海上タクシーを使う」という方法。中通島から海上タクシーに乗り、直接、野崎島に渡ってしまうのだ。

海上タクシー!?
(よくわかんないけど、ハードル高そう……)

と思って調べると、確かにハードルは高い。というか金額が高い。最初にみつけたところは、野崎島までの往復で2万円だった。団体ならいいけれど、2人で2万円はかなりきつい。

さらに調べていたら、たどり着いたのが津和崎丸だった。往復で9千円!片道15分の距離なので、高いといえば高いけど、絶対に見たい場所だと思えば出せなくもない金額だった。

海上タクシー津和崎丸
↑ホームページはなくて、ブログのみ。ここに書いてある電話番号に、直接かけて予約した。

+ + +

遡ること数年前。私は一人でヨーロッパ建築を巡る旅をしていた。

フランスで、巨匠ル・コルビュジエ設計の「ロンシャンの礼拝堂」を見に行った時のこと。

RonchampCorbu.jpg
By Valueyou (talk) - I created this work entirely by myself., CC BY-SA 3.0, Link

最寄り駅から礼拝堂まではタクシーでないと厳しい距離、つまり山の中のような立地だった。当時の私は今よりはるかに楽天的で、「駅まで行けばコルビュジェ巡礼者の一人や二人いるだろうから、相乗りすればいいや」などと(勝手に)思っていたのだけど、予想が外れて、駅には観光客がまったくおらず閑散としていた。

タクシー代は、ハッキリとは覚えていないのだけれど……学生の私の財布にはきつい金額だった。たぶん野崎島までの海上タクシーぐらいだったと思う。

しばらくその駅で右往左往した結果、私は諦めた。ロンシャンの礼拝堂を諦めて、帰路についた。


なんと愚かな!!!


またいつフランスに行けるかもわからないのに、そこでケチってどうする!多少高くても絶対に行くべきだったんだ!(涙)

+ + +

……というわけでそれ以来、「旅行では見たい場所を諦めない!」と心に決めている。

前置きが長くなったけれど、そんなわけで津和崎丸さんにお世話になった。


レンタカーを停め、早速チャーター船に乗り込む。船内はカーペット敷きで、靴を脱いでゴロゴロできるようになっている。といってもめちゃくちゃ揺れるのでゴロゴロする余裕などなかったけれど。まわりには漫画雑誌やスティック型の掃除機なんかが置いてあった。


↑入り口から数段下がって靴を脱ぐ


↑2人だと広い。6人ぐらいまでは乗れるのかな?

船に乗っている時間は15分くらいだ。窓を開けると、水しぶきが少し入るけれど気持ち良い。水面より下にいるというのは不思議な気分だ。

名前も聞かれず何も言わず乗ったので、なんとなく「どこに連れ去られるのだろう……」という若干の怪しさはあったけれど、しばらくして、左手に見えていた島が野崎島だと気づく。

運転手さんが「教会が見えますよ」と教えてくれた。たしかに、砂浜の先に小さく旧野首教会らしき建物が見える。このとき見た教会は、正直言ってとてもこじんまりとした、ちっぽけな雰囲気だった。


↑教会が見えたのは一瞬で、写真は撮りそこねた

+ + +

すぐ港に着いた。

「12時ぐらいに他のお客さんも乗るから」と言われ、12時に待ち合わせになった。……はずなのに、実際は帰りも私たちだけだった。なまっていたからうまく聞き取れなかったのかもしれない。

「お金はまだいいんですか?」と聞くと

「帰りでいいです」と。


数秒後、思いついたように

「今もらうと迎えに来なくなっちゃうかも」

と(たぶん)言ってニコッと笑う。けっこうひょうきんな人みたいだ。

↓つづきはこちら
www.anyplacebut.tokyo

INFO


津和崎丸
海上タクシー津和崎丸
個人でやっているようなので、予約したほうが無難。電話で予約しました。
※掲載している情報は2018年時点のものです。訪問の際には必ず最新の情報をご確認ください。

【この記事で使用しているカメラ/レンズ/フィルム(左下に透かしのある写真)】
Nikon F3+Nikkor 28mm f/2.8+Fujicolor C200

“五島列島の旅”目次はこちら

www.anyplacebut.tokyo