ここではない、どこか遠いところ

旅行記、写真、読書、日々考えること

朝、島の最果てまで|米山教会【五島列島の旅 07】

中通島、2日目の朝。

早起きして7時ごろにホテルを出る。空はまだ薄暗い。

↓前回の話はこちら
www.anyplacebut.tokyo

+ + +

前日にスーパーで買ったパンを朝ご飯にとカバンに詰めて、軽のレンタカーで島の最北端を目指す。ホテルからは1時間ほどの距離だ。

運転は私。夫婦共に運転が下手ですぐ喧嘩になるのだが、なんとなく、私が運転するほうが丸くおさまることが多い(……のは、たぶん私が口うるさいからだろう)。

有川港周辺を離れて北へ進むと、途中からくねくねと曲がる細い道が海沿いをひたすら続き、軽自動車が二台なんとかすれ違える程度。といっても、ほとんど車とすれ違うことはなかった。連休だから人がいないのか、そもそも人口が少ないのか、マイナーな道なのか、わからないけれどひたすらに静かだ。

途中、車を止めて朝食をとった。

ゴールデンウィークの朝はまだ寒い。

ホテル近くのコンビニでコーヒーを買おうと思っていたのに買い忘れたことに気づき、テンションが下がる。この島でコンビニは、一度逃すとなかなか出会えない貴重な存在なのだ。

そして、再び車へ乗り込み、黙々とくねくね続く道を走る。助手席の人は音もなく寝ていた。

+ + +

目的地までの道のりにはかなりの数の教会があったけど(カーナビに地点登録してくれているので★マークが出る)、時間もないし、朝早いから開いてないだろう……と思ってほぼスルーしてしまった。中通島にある教会の数は29。まともに全部まわっていては時間が足りない。

しかし、到着直前にあった米山教会だけは見てみたくて、ほんの少し下車。


↑擁壁の上に、異国感ある白い塊が。



シンプルな形、ぬるっとした稜線に、細長いガラス窓。おでこから伸びる細い十字架がモダンで、とても可愛いバランス。

ドイツのポツダムにある「アインシュタイン塔」を彷彿とさせるなぁと、ふいに、思い出す。


アインシュタイン塔はこんな建物です。


↑設計はエーリッヒ・メンデルゾーン。ドイツに行った時一人でここを見に行ったのだけど、今思うとマイナーな所に行ったな、という感じ。相対性理論を実測検証する為に建設された施設……というのがなかなか胸熱ポイントです。
ドイツと日本の「アインシュタイン塔」|WIRED.jp

内部に入ってすぐ後ろを振り向くと、入り口上部にかかっていた最後の晩餐のレリーフ(で合ってるのかな?彫った絵)が思いのほか力強い。

内部空間はごくシンプル。

周囲には何もなく静かだ。島の先端は日差しが爽やかで風の通りがいい。開放的な立地も含め、雰囲気がよく、気に入った教会のひとつ。



↑小さく、ややドライな仕上がりのルルド。周りの松など和風な装飾のミスマッチぶりがまた素敵。中ノ浦教会も松が印象的だったけれど、これが五島のキリシタンのスタイルなのだろうか。


そこから車で5分もかからず、津和崎港に着いたのは約束の「8時半」、ほぼピッタリだった。

(つづく)

INFO


カトリック米山教会
長崎県南松浦郡新上五島町津和崎郷589-14
(有川港から車で約50分)
見学時間:9:00〜17:00


※掲載している情報は2018年時点のものです。訪問の際には必ず最新の情報をご確認ください。

【この記事で使用しているカメラ/レンズ/フィルム(左下に透かしのある写真)】
Nikon F3+Nikkor 28mm f/2.8+Fujicolor C200

目次はこちら

www.anyplacebut.tokyo