ここではない、どこか遠いところ

旅行記, 写真, 読書, etc...

読書

最近読んだ10冊(2019.3)

毎週更新の誓いはどこへやら(汗)年が明けたと思ったら、早くも春めいてきてしまいました。今回は過去に読んだものから順に書いています。 『子育てしながら建築を仕事にする』成瀬友梨・編 『アフリカの白い呪術師』ライアル・ワトソン 『ここは退屈迎えに…

見えるものと見えないもの|『アフリカの白い呪術師』ライアル・ワトソン

アフリカってどんな場所だろうか。テレビ番組で頻繁に映し出される半分裸の民族がいる集落。 薄暗く原始的な家や珍妙な食事を 明らかに毛色の違う日本人が体験する。 でも「あれってもうほぼヤラセで、実際は今どきみんなスマホ持ってるらしいよ」という噂も…

最近読んだ10冊(2018.12)

最近読んだ10冊の感想を飛ばさず書いてみる企画、第二弾です。第一弾はこちら↓ www.anyplacebut.tokyo 『命売ります』三島由紀夫 『村上さんのところ』村上春樹 『美しい星』三島由紀夫 『星の王子さま』サン・テグジュペリ 『村上春樹、河合隼雄に会いに行…

愛とは、|『星の王子さま』サン・テグジュペリ

星の王子さま (新潮文庫)posted with ヨメレバサン=テグジュペリ 新潮社 2006-03-01 AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo7net 「きみのバラをかけがえのないものにしたのは、きみが、バラのために費やした時間だったんだ」 ーp.108 そう、キツネは言った。当た…

ある日、一変してしまう人生|『アンダーグラウンド』村上春樹

2001年9月11日。ニューヨークでテロ事件が起きた時、私は14歳でした。あの日のことは今でもありありと思い出せます。学校から家に帰ったら居間のテレビでずっとテロ関連のニュースが流れていて、そのテレビを眺めていたらまさにその時、ビルに飛行機が突っ込…

最近読んだ10冊(2018.9)

本のレビューって「読んで面白かったからお勧めしたい」という動機で書かれる場合が多いけれど、「じゃあ逆にボツにした本ってなんだろう?どんな本を読んだうえでのお勧めなの?」と知りたいときもある気がします。だから、良いも悪いも関係なしに「とにか…

「幸せって何だと思う?」|『泣き虫チエ子さん 愛情編』益田ミリ

この本(正確には漫画)を読んですごく驚いてしまいました。出てくる夫婦があまりにも自分と夫にソックリだったからです。泣き虫チエ子さん 1 (愛蔵版コミックス)posted with ヨメレバ益田 ミリ 集英社 2011-12-20 AmazonKindle楽天ブックス7net いろんなこ…

死刑は「正しい暴力」なのだろうか|『死刑 その哲学的考察』萱野稔人

2018年7月6日、そして7月26日。合わせて13名のオウム真理教死刑囚に、死刑が執行された。そのニュースは日本にとっても世界にとっても衝撃的だったと思います。個人的にも、もちろん驚くべき出来事でした。これまでの経験上「死刑」というものが実際に執行さ…

好きな小説ベストテン(2018年)

小説を読んでいるときに「これはベストテンに入るかな〜」と、ふと思ったのです。では、自分にとってのベストテンってどれなんだろう??そんなに多読なほうではないのだけれど、5年後、10年後となれば好きな本は変わるかなという気もして、なので一応、区切…

映画館で観る映画、本で読む小説がいい|『キネマの神様』原田マハ

どこにでもある構成、あぁ見たことあるなぁこの感じ、という小説だった。全ての展開に予想外はなく、あまりに紋切り型で進むストーリー。なのになぜか続きが気になって一気に読んでしまった。そして気づいたら目がすこし潤んでしまっていた。この後どうなる…

村上春樹の魅力の半分はエッセイである

こんなこと書くのは賭けというか、アンチも多いしファンは熱烈だし色々と気になることはあるけど、でも知らない人には知ってほしいなぁと思うので書いてみます。今さら説明するような人でもないので一応wikiを貼っておきます。 村上春樹 - Wikipedia

そこに神はいるのだろうか?|『沈黙』遠藤周作/映画版『サイレンス』

きっかけは五島列島 その存在を知ってからずっと、夢にまで見てきたと言っても過言ではない「長崎の五島列島」行きを決めた。 ゴールデンウィーク、何をしよう?と(社会人になって何度か失敗した経験から)早め早めに予定を立てなければ…と考えていた3月上…