ここではない、どこか遠いところ

旅行記, 写真, 読書, etc...

空と海と十字架の島をゆく|青砂ヶ浦教会・大曽教会ほか【五島列島の旅 12】

中通島ともそろそろお別れ。駆け足で島をまわります!↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 青砂ヶ浦教会 立派な駐車場、造花のアーチ 自然と生まれた価値基準 空と海の十字路(ホテルマルゲリータ) 大曽教会 静かな港で階段を登る 奥深く上品 五島列島…

世界の端へ|野崎火山火口跡【五島列島の旅 11】

野崎島の魅力は旧野首教会だけでなく、無人島ならではの手付かずの自然。その壮大なスケールと美しさは、想像の域をはるかに超えていました。↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 世界の端へ 「野崎火山火口跡」を目指す 道なき道を歩く サバンナ 展望…

大自然に負けない力強さ|旧野首教会【五島列島の旅 10】

野崎島をしばらく歩き、いよいよ見えてきた旧野首教会。ここでまさかのミスに気づいたのです……。↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 旧野首教会 堂々とした姿 コントラスト 失いたくない静寂 まさかのミス フィルムが止まらない? 巻き取れているのか …

ミノルタTC-1で撮る台湾

新入りカメラのTC-1を携えての旅行、一発目は台湾へ! 台湾は初めてでしたが、まだ少し発展途上の街の匂いやリーズナブルで美味しい料理など、魅力にあふれた国でした。ぜひともまた行きたい!!今回は、夕方や夜の撮影が多いかな?と思ったので(有名な夜市…

美しい生命の島|無人島・野崎島【五島列島の旅 09】

今回の五島列島の旅で、一番行きたかった野崎島。「野崎島の集落跡」は世界文化遺産の構成資産の一つ*1。想像をはるかに上回る美しい島でした。↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 野崎島を歩く 野崎島へ入る際には事前連絡を! 小さな観光案内所から …

ハロー、ミノルタTC-1!

ゲットしてしまいました。Minolta TC-1 Limited!以前も書いたように(↓)、長年「カッコいいなぁ」と憧れていたTC-1という高級コンパクトフィルムカメラ。 www.anyplacebut.tokyo時々調べては、高いな〜。とりあえずクラッセがあるしな〜。と、そっと画面を…

無人島・野崎島までの15分【五島列島の旅 08】

旅にかけるお金の価値基準って、本当に人それぞれですよね。私はたぶんケチなほうですが、この15分×2=30分にはちょっと奮発!↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 津和崎丸 初対面 絶対に行きたかった野崎島 野崎島へのアクセスは難しい 旅行ではケチ…

朝、島の最果てまで|米山教会【五島列島の旅 07】

旅行にいくと、ついつい早起きして予定を詰め込んでしまいます。二泊三日の五島列島の旅、二日目も例によって詰め込んだ!中通島、2日目の朝。早起きして7時ごろにホテルを出ました。空はまだ薄暗い。↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 米山教会 長く…

Kodak ColorPlus 200とぶらりお出かけ

以前、かわうそ商店さんで購入した「Kodak ColorPlus 200」というフィルムを連れて歩いた日常です。コダックは濃色がはっきりと出る印象です。www.anyplacebut.tokyo夏、終わりかけの、一日の終わりかけ。 秋、神社をぶらぶら歩く。 彫りが細かいね。 かっち…

見えるものと見えないもの|『アフリカの白い呪術師』ライアル・ワトソン

アフリカってどんな場所だろうか。テレビ番組で頻繁に映し出される半分裸の民族がいる集落。 薄暗く原始的な家や珍妙な食事を 明らかに毛色の違う日本人が体験する。 でも「あれってもうほぼヤラセで、実際は今どきみんなスマホ持ってるらしいよ」という噂も…

愛とは、|『星の王子さま』サン・テグジュペリ

星の王子さま (新潮文庫)posted with ヨメレバサン=テグジュペリ 新潮社 2006-03-01 AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo7net 「きみのバラをかけがえのないものにしたのは、きみが、バラのために費やした時間だったんだ」 ーp.108 そう、キツネは言った。当た…

五島列島の旅|目次

日記編 1日目:中通島 【01】五島列島初上陸! 【02】青と緑に囲まれた、オレンジ屋根の桐教会 【03】五島でいちばん美しい教会をつくろう|中ノ浦教会と若松島 【04】石の教会は静かに海を見ていた|頭ヶ島天主堂 【05】五島の猫に浮気した日|冷水教会 【0…

戦場カメラマンの苦労!?【五島列島の旅 06】

大人になって、気づいたら高所恐怖症になってしまったのですが、ここはなかなか命がけの夕焼け撮影でした……。冷水教会の猫に別れを告げ、刻々と沈みゆく夕陽を追いかけに「矢堅目公園」まで車を走らせました。↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 矢堅…

猫、ワクチン接種

お久しぶりのブログとなってしまいました。先日、年に一度のワクチン接種をしてきました。 ↑この無印のカゴが大好き…小さそうに見えるんだけど。 うちの猫は病院が大嫌い。いや正確に言うと、外出が嫌い、私たち以外の人と接するのも嫌い。要するに引きこも…

ある日、一変してしまう人生|『アンダーグラウンド』村上春樹

2001年9月11日。ニューヨークでテロ事件が起きた時、私は14歳でした。あの日のことは今でもありありと思い出せます。学校から家に帰ったら居間のテレビでずっとテロ関連のニュースが流れていて、そのテレビを眺めていたらまさにその時、ビルに飛行機が突っ込…

かわうそ商店でネガフィルムを買ってみた

かわうそ商店というネットショップで、ネガフィルムを購入してみました。www.anyplacebut.tokyo 以前↑の記事を書いたときに知ったお店で、利用したのは初めてです。 種類が豊富 売る本数の単位が比較的小さい(1本バラ売りや、3本セットといった単位で買える…

五島の猫に浮気した日|冷水教会【五島列島の旅 05】

五島にも、もちろん猫はいます!頭ケ島天主堂の見学を終えると、時刻はもう夕方17時すぎ。5月の強い日差しは少しずつ陰りはじめていました。↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 夕陽を見に行こう 冷水教会 海を見下ろす 猫を発見! 突然ロックオンされ…

「幸せって何だと思う?」|『泣き虫チエ子さん 愛情編』益田ミリ

この本(正確には漫画)を読んですごく驚いてしまいました。出てくる夫婦があまりにも自分と夫にソックリだったからです。泣き虫チエ子さん 1 (愛蔵版コミックス)posted with ヨメレバ益田 ミリ 集英社 2011-12-20 AmazonKindle楽天ブックス7net いろんなこ…

石の教会は静かに海を見ていた|頭ヶ島天主堂【五島列島の旅 04】

2018年7月に世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成要素の一つである「頭ヶ島集落」を訪れました。↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 昼食難民に注意! 頭ヶ島天主堂 頭ヶ島とは? 設計は鉄川与助 まずは上五島空…

35mmカラーネガフィルムを入手したい

(Klasse S+FUJICOLOR C200)★2019.7 記事更新。最新の入手先と価格を調べ、値段別に分けてみました。私は以前も書いたように、そこまでがっつりお金をかけてフィルム写真を楽しんでいるというわけではないので、www.anyplacebut.tokyo「コストパフォーマン…

五島でいちばん美しい教会をつくろう|中ノ浦教会と若松島【五島列島の旅 03】

五島列島で最初の教会・桐教会の見学を終え、つづいて車で10分ほど離れたところにある中ノ浦教会を目指しました。↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 中ノ浦教会 五島で一番美しい教会を! 端正な横顔 はじめての「ルルド」 若松島 次は頭ヶ島天主堂へ…

死刑は「正しい暴力」なのだろうか|『死刑 その哲学的考察』萱野稔人

2018年7月6日、そして7月26日。合わせて13名のオウム真理教死刑囚に、死刑が執行された。そのニュースは日本にとっても世界にとっても衝撃的だったと思います。個人的にも、もちろん驚くべき出来事でした。これまでの経験上「死刑」というものが実際に執行さ…

青と緑に囲まれた、オレンジ屋根の桐教会【五島列島の旅 02】

2018年ゴールデンウィークの真っ只中、五島列島二泊三日の旅。今回は、中通島に上陸して真っ先に向かった桐教会のお話です。前回の話はこちら↓ www.anyplacebut.tokyo 奈良尾港からもっとも近い教会 早速、迷う 駐車場は一応あるみたい 第一村人発見! 信じ…

五島列島初上陸!【五島列島の旅 01】

「五島列島の旅」は、2018年5月に旅行した長崎・五島列島についての旅行記です。五島の魅力を伝えられるように、ゆっくり書いていこうと思います。目次(記事一覧)はこちらからどうぞ。 土砂降りの雨でスタート ソラシドエアで長崎へ 羽田〜長崎は1日4便 GW…

映画館で観る映画、本で読む小説がいい|『キネマの神様』原田マハ

どこにでもある構成、あぁ見たことあるなぁこの感じ、という小説だった。全ての展開に予想外はなく、あまりに紋切り型で進むストーリー。なのになぜか続きが気になって一気に読んでしまった。そして気づいたら目がすこし潤んでしまっていた。この後どうなる…

ティカル遺跡でジャガーの目覚める声を聞く【グアテマラ旅行記26】

フローレスの朝は早い。ティカル遺跡へのツアーは、一番早いもので午前3時発、それから4時半発、5時発…と続く。私は午前3時発の「日の出ツアー」に参加した。余談ですが、スペイン語で早起きすることを「マドルガール(madrugar)」と言います。なんか「まど…

世界遺産の「潜伏キリシタン」って「かくれキリシタン」とどう違うの?【五島列島の旅・番外編 01】

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されることが決定しました!www.nikkei.com私は今年のGWに長年の夢が叶って五島列島に行き、自然と一体になった教会群の素晴らしさを体感し、また五島について調べるなかで、悲惨な歴史的事…

まるで冷蔵庫!の高速バスで最後の島へ|フローレス【グアテマラ旅行記25】

今回の話は、かなり強烈に身体感覚として5年経った今も残っていて、グアテマラやメキシコに行かれる皆さんにはとにかく覚えておいてほしい!!…と強く思っている出来事です。 高速バスには毛布が必須! シェラ(ケツァルテナンゴ)からフローレスへは、Linea…

さよなら、タカハウス【グアテマラ旅行記24】

シェラを離れる日が、ついにやって来た。2013年4月15日にシャトルバスでタカハウスに着いてから、ちょうど4週間。途中ところどころ出かけてみたりしたけれど、案外長いことシェラにいたんだなぁと、気づく。www.anyplacebut.tokyo最後の一泊はタカハウスで。…

古着市とグアテマラ一番人気のカフェへ|パナハッチェル【グアテマラ旅行記23】

2013年5月10日。サンペドロ滞在を終え、朝7時半に宿を出て対岸のパナハッチェル(Panajachel)へ。 (普段そんなに朝が強いほうではないのに、旅先だと朝型になる。)ここで当初は二泊する予定だったのだけど、サンペドロで思いがけずゆっくりしてしまったの…