ここではない、どこか遠いところ

旅行記, 写真, 読書, etc...

とりあえずnoteに行ってみます

noteで書いてみることにしました。このブログを始める以前にnoteで書いていた時期があったので、そのアカウントを復活させる形です。理由は、 もしかして自分はただ好き勝手に書いているだけのほうが楽しいんじゃないか?と思い、 そうした場合に、はてなブ…

夏休みの五月雨

今週のお題「夏休み」 梅雨明けまだかよ〜〜と言っているあたりから関東梅雨明けの今日までは、自分のこと、他人のこと、親のことなど、あーだこーだと考えながら過ごしていました。中でも「ブログについて」を考える時間はけっこう多くて、書きたいなと思う…

報復感情

なぜ、目には目を歯には歯を、ではいけないと思うのだろう?遺族の気持ちになれていないからか?偽善者だからなのか?辛い気持ちや思わず泣きそうになる深い悲しみや絶望感はあるけれど、それでも復讐してはいけないと思う感情は、どこから来ているのか。自…

空と海と十字架の島をゆく|青砂ヶ浦教会・大曽教会ほか【五島列島の旅 12】

中通島ともそろそろお別れ。駆け足で島をまわります!↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 青砂ヶ浦教会 立派な駐車場、造花のアーチ 自然と生まれた価値基準 空と海の十字路(ホテルマルゲリータ) 大曽教会 静かな港で階段を登る 奥深く上品 五島列島…

世界の端へ|野崎火山火口跡【五島列島の旅 11】

野崎島の魅力は旧野首教会だけでなく、無人島ならではの手付かずの自然。その壮大なスケールと美しさは、想像の域をはるかに超えていました。↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 世界の端へ 「野崎火山火口跡」を目指す 道なき道を歩く サバンナ 展望…

仕事、リセット中。

2019年の上半期で仕事を辞めました。突然ではなく、1年近く前から辞めると言っていて、いろいろあって結局今になっちゃった感じです。 方向転換 今の仕事をこのタイミングで辞めた理由は、あまりハッキリしていません。● 今後の生き方に合う仕事(内容・環境…

大自然に負けない力強さ|旧野首教会【五島列島の旅 10】

野崎島をしばらく歩き、いよいよ見えてきた旧野首教会。ここでまさかのミスに気づいたのです……。↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 旧野首教会 堂々とした姿 コントラスト 失いたくない静寂 まさかのミス フィルムが止まらない? 巻き取れているのか …

父の病気

父が癌になりました。癌になったのは初めてではなく、数年前にも一度別の部位で癌をやっています。が、そちらは治っていて、再発や転移ではなく新たに癌ができました。肺癌です。以前も書いたのですが、父はずっと煙草を吸う人でした。訳あってここ2年ぐらい…

ブログを2ヶ月放置して見えてきたこと

以前のエントリーで書いたように結婚式準備に追われていたので、しばらくブログを放置していました。www.anyplacebut.tokyoで、「よし、やろう!」と久しぶりに自分のブログを見返してみたんです。(書くどころか開きもしなかったので。。)そうすると、とて…

ミノルタTC-1で撮る台湾

新入りカメラのTC-1を携えての旅行、一発目は台湾へ! 台湾は初めてでしたが、まだ少し発展途上の街の匂いやリーズナブルで美味しい料理など、魅力にあふれた国でした。ぜひともまた行きたい!!今回は、夕方や夜の撮影が多いかな?と思ったので(有名な夜市…

結婚式

今日は完全にプライベート満載な投稿です(しばらくブログを放置した言い訳でもあります……)。 先日、結婚披露宴を終えました。厳密には「式」はやっていないのでずっと「披露宴」「パーティー」と呼んでいたんですが、言葉としては「結婚式」がしっくりくる…

救えない気持ち

高齢者ドライバーの交通事故が起きました。まだ詳しい原因はわからないので、高齢者だから、と決めつけるのは早急かもしれません。高齢者でなくても交通事故は日々起きているし、たまたま高齢者だとみんなピリピリしてしまっているだけかもしれません。だか…

美しい生命の島|無人島・野崎島【五島列島の旅 09】

今回の五島列島の旅で、一番行きたかった野崎島。「野崎島の集落跡」は世界文化遺産の構成資産の一つ*1。想像をはるかに上回る美しい島でした。↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 野崎島を歩く 野崎島へ入る際には事前連絡を! 小さな観光案内所から …

ハロー、ミノルタTC-1!

ゲットしてしまいました。Minolta TC-1 Limited!以前も書いたように(↓)、長年「カッコいいなぁ」と憧れていたTC-1という高級コンパクトフィルムカメラ。 www.anyplacebut.tokyo時々調べては、高いな〜。とりあえずクラッセがあるしな〜。と、そっと画面を…

無人島・野崎島までの15分【五島列島の旅 08】

旅にかけるお金の価値基準って、本当に人それぞれですよね。私はたぶんケチなほうですが、この15分×2=30分にはちょっと奮発!↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 津和崎丸 初対面 絶対に行きたかった野崎島 野崎島へのアクセスは難しい 旅行ではケチ…

最近読んだ10冊(2019.3)

毎週更新の誓いはどこへやら(汗)年が明けたと思ったら、早くも春めいてきてしまいました。今回は過去に読んだものから順に書いています。 『子育てしながら建築を仕事にする』成瀬友梨・編 『アフリカの白い呪術師』ライアル・ワトソン 『ここは退屈迎えに…

朝、島の最果てまで|米山教会【五島列島の旅 07】

旅行にいくと、ついつい早起きして予定を詰め込んでしまいます。二泊三日の五島列島の旅、二日目も例によって詰め込んだ!中通島、2日目の朝。早起きして7時ごろにホテルを出ました。空はまだ薄暗い。↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 米山教会 長く…

Kodak ColorPlus 200とぶらりお出かけ

以前、かわうそ商店さんで購入した「Kodak ColorPlus 200」というフィルムを連れて歩いた日常です。コダックは濃色がはっきりと出る印象です。www.anyplacebut.tokyo夏、終わりかけの、一日の終わりかけ。 秋、神社をぶらぶら歩く。 彫りが細かいね。 かっち…

見えるものと見えないもの|『アフリカの白い呪術師』ライアル・ワトソン

アフリカってどんな場所だろうか。テレビ番組で頻繁に映し出される半分裸の民族がいる集落。 薄暗く原始的な家や珍妙な食事を 明らかに毛色の違う日本人が体験する。 でも「あれってもうほぼヤラセで、実際は今どきみんなスマホ持ってるらしいよ」という噂も…

新年のご挨拶と二匹目の猫の話

明けましておめでとうございます。年末の挨拶を書こうと思っていたのに、結局三が日も過ぎてようやくの投稿です。今年もよろしくお願いいたします。昨年の春にブログを始めたのですが、夏が過ぎ秋になる頃から更新頻度はガタ落ちで、最終的には月2回くらいの…

最近読んだ10冊(2018.12)

最近読んだ10冊の感想を飛ばさず書いてみる企画、第二弾です。第一弾はこちら↓ www.anyplacebut.tokyo 『命売ります』三島由紀夫 『村上さんのところ』村上春樹 『美しい星』三島由紀夫 『星の王子さま』サン・テグジュペリ 『村上春樹、河合隼雄に会いに行…

ヴィガンタスさん

ヴィガンタスさんに出会ったのは、香川県にある猪熊弦一郎現代美術館だった。職場の旅行で訪れたこの美術館(略称をMIMOCAという)は、門型のファサードと屋外にそびえ立つ大きなオブジェ、手前に広がるすっぱり空の抜けた広場が印象に残る。丸亀駅を降りて…

愛とは、|『星の王子さま』サン・テグジュペリ

星の王子さま (新潮文庫)posted with ヨメレバサン=テグジュペリ 新潮社 2006-03-01 AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo7net 「きみのバラをかけがえのないものにしたのは、きみが、バラのために費やした時間だったんだ」 ーp.108 そう、キツネは言った。当た…

白線の向こう側

ある夜のこと。踏切の前で電車が行き過ぎるのを待っていた時、ふと、足下の白線に目が行った。自分の体をこれ以上進ませない透明なやわらかい壁が、その白線から立ち上り、抵抗を与えてくるような感覚だった。+ + +学生のころ「アフォーダンス」という言葉を…

五島列島の旅|目次

日記編 1日目:中通島 【01】五島列島初上陸! 【02】青と緑に囲まれた、オレンジ屋根の桐教会 【03】五島でいちばん美しい教会をつくろう|中ノ浦教会と若松島 【04】石の教会は静かに海を見ていた|頭ヶ島天主堂 【05】五島の猫に浮気した日|冷水教会 【0…

戦場カメラマンの苦労!?【五島列島の旅 06】

大人になって、気づいたら高所恐怖症になってしまったのですが、ここはなかなか命がけの夕焼け撮影でした……。冷水教会の猫に別れを告げ、刻々と沈みゆく夕陽を追いかけに「矢堅目公園」まで車を走らせました。↓前回の話はこちら www.anyplacebut.tokyo 矢堅…

猫、ワクチン接種

お久しぶりのブログとなってしまいました。先日、年に一度のワクチン接種をしてきました。 ↑この無印のカゴが大好き…小さそうに見えるんだけど。 うちの猫は病院が大嫌い。いや正確に言うと、外出が嫌い、私たち以外の人と接するのも嫌い。要するに引きこも…

ある日、一変してしまう人生|『アンダーグラウンド』村上春樹

2001年9月11日。ニューヨークでテロ事件が起きた時、私は14歳でした。あの日のことは今でもありありと思い出せます。学校から家に帰ったら居間のテレビでずっとテロ関連のニュースが流れていて、そのテレビを眺めていたらまさにその時、ビルに飛行機が突っ込…

推しメンが卒業します

ずっと推しメンだった、NMB48の山本彩ちゃんが卒業します。いつからの推しかというと、現夫と付き合いはじめてからAKBなどに興味を持ち出したので(ちなみに彼は元こじはる推し…趣味はちょっと違う)、たぶん5年以上は応援していたかな。といっても握手会や…

最近読んだ10冊(2018.9)

本のレビューって「読んで面白かったからお勧めしたい」という動機で書かれる場合が多いけれど、「じゃあ逆にボツにした本ってなんだろう?どんな本を読んだうえでのお勧めなの?」と知りたいときもある気がします。だから、良いも悪いも関係なしに「とにか…