ここではない、どこか遠いところ

旅行記、写真、読書、日々考えること

五島の猫に浮気した日|冷水教会【五島列島の旅 05】

頭ケ島天主堂の見学を終えると、時刻はもう夕方17時すぎ。5月の強い日差しは少しずつ陰りはじめていた。

↓前回の話はこちら
www.anyplacebut.tokyo


天主堂ではすごい豪雨に見舞われたけれど、次第に空が晴れてきたので、夕陽を見に行こうという話になった。雨宿りをしながら「これじゃあ夕陽を見るなんて無理だね」と話していたけれど、ものの20分程度のまさにゲリラ豪雨、というべきか、夕立というべきか。

中通島の夕焼けスポットは、有川港のある中心部から車で30分ほどの「矢堅目公園」というところ。どうやら岬の先端に公園があるらしい。

-

矢堅目公園までの道すがら、冷水教会が近かったので立ち寄ってみた。

交通量の少ない道路の端に軽自動車を寄せる。五島の教会はだいたい17時に閉まってしまうけれど、もしかして開いてるかも……と期待して行ってみた。がやはり、もう中は見ることができなかった。

そういえば当たり前の話だけれど、一つの教会につき一人神父さんや牧師さん(やその家族)がいて、毎日鍵を開けたり閉めたりしているのかな?



中通島は、印象のわりに面積が大きくなく、外周の長い形状をしている。つまり海岸線が長くて「身」の部分が少ない。この形態を「十字架に似ている」とする説もあるらしいけれど、正直に言って十字架にはあまり見えないかな……。どちらかというと、ナスカの地上絵が近い気がする。で、道路は多くが内陸ではなく海沿いを走っているため、基本的に海を眺めながらドライブができる。

教会群はそうした道路に面し、海を見下ろすように建っていることが多い。冷水教会もそうだった。

これらの教会が建てられたときにはもう、キリスト教の弾圧は終わっていたので、ひそひそと信仰を隠す必要もなかった。そういう歴史を知っていると、眺めのいい場所に堂々と建つ教会たちの姿はなかなか感慨深い。でもどの教会も強く自己主張するというよりは「あ、あった」というさりげない存在感で、風景に馴染んでいる。

玄関の前に立ち、外の景色を眺める。小さな湾と、その向こう側の緑。

花に彩られた小さなマリア像がいた。

夕方のうっすら曇った空と海を背景に、笑みをそっとたずさえるマリア像は、すごく静かで……誤解を恐れずにいうと、ちょっと不気味だった。人気を感じないこの状況と、きれいに飾られた花(暗に「誰かが飾っている」と感じさせる)のアンバランスさが、小さく違和感を生むのかもしれない。

-

路肩に停めていた軽自動車に戻ろうとしていたその時、見つけてしまった。

五島の猫!

民家へ上るための擁壁一体型の階段があったのだけど、その階段の上方にいた猫と目が合った。…気がする。

……いや、気のせいではないみたい。だって猫がニャーニャー鳴きながら、階段を駆け下りてきた

おいおいおい、どんだけ人懐っこい猫なんだよ〜!

とイヤイヤなふりをして歓喜する私たち。

ニャーニャー、ニャーニャー、と鳴きやまない。

お前、そこの家で飼われてるんじゃないのか?野良なのか?餌、持ってないよ。

話しかけても変わらずニャーニャー鳴いている。スリスリからだをくっつける。少し撫でてやると、ずっと、ついてくる。これが本当に東京の猫と比べ物にならないくらいしつこい

もしかして本当に物理的に飢えすぎているのではなかろうか?と思えてくるような、丸っこいのに痩せたからだ。お腹のまわりのたるたるした余分な脂肪(=ルーズスキン)もないし、手足は細い。我が家の猫とは大違いだ。ちょっと心配になってしまう。

顔が絶妙にぶさかわいい!

いやしかし、こんなにスリスリニャーニャーついてきて、嬉しいけど、持ち帰るわけにもいかないし、なんか道路の近くで車にひかれそうで怖いしね……と困り果てる二人。何度か抱っこして階段に戻してやったりしたけれど、すぐにまたついてくる。うーん。

道路の反対側のバス待合所に逃げてみた。が、それでもついてくる

待合所で、しばしの密会(?)。猫と私たちだけの時間。


…なんて悠長なこともそう言っていられないので、最終的には元いた場所へ抱きかかえて戻し、停めていた車のほうにダッシュで逃げてみた。するとようやく諦めたようで、もうついてはこなかった。

車を走らせながら「ひかれるなよ!絶対ひかれるなよ!!」と祈りを込める。

-

「かわいいなぁ。ちょっとかんちゃん(注:家の猫)に申し訳ないけど、心が揺らいじゃったよ」と、相当まんまる猫が気に入った様子の夫。

かんちゃん、家で元気にしてるかな。とふと切なくなった。浮気しちゃって、なんとなく後ろめたいような気分もあった。かんちゃんにとって二泊三日の留守番は初めて。心配性の私は、その後の道中もずっと気をもんでいた。

それにしても、なぜあの子はああも貪欲につきまとってきたのかな。今はちゃんと、ご飯を食べられているといいけれど…。

-

そうそう、だいぶ寄り道してしまったけれど、本来の目的「矢堅目公園」に行かねば。日が落ちてしまう前に!

↓続きはこちら
www.anyplacebut.tokyo


INFO


カトリック冷水教会
長崎県南松浦郡 新上五島町網上郷623−2
(有川港から車で約20分)
見学時間:9:00〜17:00

↓解説、内観などの情報があります。
http://kamigoto.org/church/15hiyamizu/index.html


【この記事で使用しているカメラ/レンズ/フィルム(左下に透かしのある写真)】
Nikon F3+Nikkor 28mm f/2.8+Fujicolor C200