ここではない、どこか遠いところ

旅行記と、日々考えること

フィルムカメラで撮る日常

久しぶりに写真を現像に出した。実に2年半ぶり。たった2本のフィルム。それだけフィルムカメラを使っていなかったんだなぁ、すっかり使わなくなったなぁ。

仕事をするようになって、フィルムカメラをあまり手にしなくなった。単純に面倒だし、重いし、日常使いならiPhoneで充分だし。

撮ってもすぐにアップしたり人に見せたりできないから、結局iPhoneでも撮らなきゃ…ってなって、2台を使い分けるのがけっこう面倒だったりする。



▷ちょうど一年前のGW、猿島に行った時


でも今回久しぶりに旅行でフィルムカメラ(Nikon F3)を使ったら、ああやっぱりいいなあ、と思う。なんていうか一枚一枚きちんとそのファインダーの先と向き合っている気がするし、撮った後の写真にも誠実になれる感覚がある。

iPhoneのカメラだと、なんとなく何枚も撮ってしまい、撮った後の写真はどんどんフォルダに溜まっていく一方で見返すことがあまりない。(時々写真を捨てて整理しなきゃと思うのだけど、容量が足りないわけでもないのに捨てるのもなぁ…これも一応残しておくか…となってしまう)

かつての写真はもっと、一枚一枚を大事にしていたようなあと懐しく思う。


フィルムカメラはお金も時間もかかるけれど、やっぱりいいなと再認識した。写りも好きだし、写真に対する姿勢も気持ちいい。



▷これも一年前のGW、湘南の海に赤潮が発生していた様子


ちなみに今回現像したフィルムはフジフィルムの「KLASSE」というカメラで撮影したもの。

悪くはないけれどもう少しシャープな描写が欲しいなぁと思う写真が多く、F3と比べてしまうとやっぱり物足りない。日常使いできる大きさでもう少しいいのないかなぁ?と思ってる。


ミノルタのTC-1というカメラ、前から気になっているんだけれど。形が可愛いから。



旅行記で使用しているカメラの話は以下に書いています。