ここではない、どこか遠いところ

旅行記と、日々考えること

なぜ“死刑”なのか?|『死刑 その哲学的考察』萱野稔人

2018年7月6日、そして7月26日。合わせて13名のオウム真理教事件死刑囚に、死刑が執行された。

そのニュースは日本にとっても世界にとっても衝撃的だったと思う。

個人的にも、もちろん驚くべき出来事だった。これまでの経験上「死刑」というものが実際に執行されるかどうかは法務大臣次第という事情もあって、そう頻繁でなく、ましてや一つの事件についてこれだけの人数が同時に、という事態は予想できなかったから。


でもそれ以上に驚いたことがある。

26日、昼前に死刑執行のニュースを知った。その時私は、仕事で外出中だった。外出先で、仕事の関係者から聞かされて知ったのだ。

「オウムが全員死刑になった!」

と。

それは、否定的なニュアンスではなく、どちらかというと肯定的な言い方だったと思う。

私は、どう反応していいかわからなかった。

なぜかというと、オウム真理教の一連の事件について、実を言うとそこまで実感がわかないからだ。事件が起きたのはまだ私が幼かった頃。当時、麻原彰晃の歌が流行っていたりと、オウム自体について認識はしていたものの、地下鉄サリン事件などについて「それが何を意味するのか?」と考えることはできなかった。地下鉄という存在も見たことがなかったのだ。

だからオウムについて漠然と「すごい事件だった」と捉えて生きてきたものの、死刑が執行されてよかったとも悪かったとも思えなかった。そんなに強い憤りは私にはなかった。


そしてさらに驚いたことがある。

その後、電車移動中にYahoo!ニュースで死刑執行について調べた。当然のことながらトップニュースになっていた。

そして、コメント欄を見て驚愕した。

「この法務大臣は偉い」
「立派なことをしたと思う」
「歴史に名の残る人だ」
「勇気ある決断だった」

などと、上川法務大臣による死刑執行に肯定的なコメントばかりが上位にあったのだ。(Yahoo!ニュースのコメント欄が偏っていることは承知だけれど、それはとりあえずおいておくとして)



「死刑」は、それほどまでに日本人にとって喜ばしい制度であり行為なのだろうか?



私の頭はそんな疑問でいっぱいだった。

これまで死刑について真剣に考えたことがなかったので、自分が死刑に賛成なのか反対なのかすら、わからなかった。死刑は物心ついた頃には当たり前のように存在していたし、かといって、なんとなく野蛮な処罰の仕方である気もうっすらしてはいた。

知識がなさすぎて思考することすらできない自分が悔しかった。

で、いてもたってもいられず、この本を買った。

単純に、Amazonで「死刑」と検索してきたらこの本が引っかかったので、その場ですぐ注文した。(発行が最近だし、評価も高かった。)

何より、私は「死刑賛成」とか「死刑反対」の理論が聞きたいのではなく「死刑とは?」という根源的な疑問があったので、まず読む一冊としてこれが最適だと思った。

ちなみに、他に出てきた検索結果は以下のようなもの。

死刑について考える第一歩として良作

『死刑 その哲学的考察』はとても読みやすく平易に書かれた哲学書で、一日で読み終わってしまった。

哲学書なんて普段読まず、往年の哲学者の思想をほとんど理解していない私でも読めたし、部分的に難しい内容があっても解説がわかりやすい。読者を置いてけぼりにしていくことのないよう慎重に理論が展開され、素晴らしいと思った。

(時々ちょっと展開が流れすぎてつかめなくなったけれど、この手の本では致し方ないことかなぁと。これ以上慎重だとめちゃくちゃ分厚い本になって、読みづらいと思うので)


その議論は、かいつまむと以下のように展開される。

まず、「死刑は文化だ」という発言による肯定は適切かどうか。文化相対主義と普遍主義という対立する考え方を軸に考える。
  ↓
次に、池田小の殺人事件の犯人が死刑を希望していた(そして結果として死刑になった)という例をあげ、「死刑という制度が逆に犯罪を助長しかねないのでは?」「死刑に犯罪の抑止力があるかどうか」という問題点を探る。また終身刑という制度についても触れる。
  ↓
そして、「道徳的に死刑の是非を考えられるか?」という議題を、カントの理論を軸に展開(ここが一番肝心なところでかつ読みづらいところかも)。
  ↓
さらに、「公権力が死刑を執行することによる問題点」について。ここで、筆者の結論が提示される。
  ↓
最後の章は補足のようなかんじ。

「死刑に関する議論は『賛成』か『反対』かを前提としているものが多いが、そうでなく、ニュートラルな立場から分析していくという姿勢ですすめる。そして、哲学というのはあいまいな理論で煙にまいて結論を出さないことが多いが、そうではなく、きちんと結論を出す。」
(私のほうでまとめました)

そう最初にことわってくれたので、心構えの面でもとても読みやすかった。


結果として出された結論に100%「たしかに!」と思えるわけではない。

でも、たぶん問題が複雑すぎて要所要所でかなり端折っているというのと、そもそも100%納得のできる答えはありえない問題だと思うので、それは仕方ないことなのかなと思う。

著者も、できるだけ公平でドライな(本人風の言い方では「ナイーブでない」)結論として提示していると思うので、そういう意味ではしっくりくる論理だった。

なぜ「日本では死刑」なのか?

でも実は、この本を読んでも私の疑問はほとんど解決されなかった。

死刑について考えるための土壌ができたことはよかったけれど、私が知りたかったのはもっと別のことだったんだろうな、と感じた。

それは、

「なぜ日本人がここまで死刑に固執するか?」

という疑問だ。


この本では、そういう民族や文化による違いを認めているけれど、なぜ違いが生まれるのか、には踏み込んでいない。もちろんそれがこの本の目的ではないと思うし、そこに踏み込んだら哲学の領域を越えて泥沼のようなものだからしょうがないと思う。この本では、そういうウェットな考え方を排除している。

ただ、私はそれこそが知りたいなと思っている。


個人的に新しい発見だったのは「終身刑のほうが実は苦痛ではないか」という事実。

ヨーロッパが日本の死刑を非難していると聞いて、「あぁやっぱりなぁ〜」と勝手に思ってたけど、終身刑の国だって別に残酷な刑罰を全くしていないわけじゃない。身体に対して行うか、精神に対して行うか、という違いだ。でももちろん「死」「殺す」という絶対的な暴力はイメージとして強いので、一般的には比較すると終身刑のほうが「やさしい」印象になっているのだと思うけれど。

ただ、仮に終身刑が死刑より精神的に苦痛を与えるというアピールがされたとしても、日本人は「死刑」を望むのではないかと思う。

それは「切腹」や「特攻」のような日本人ならではの死に対する価値観に共通するのではないだろうか。


なぜ、日本人は穏やかだと表面的には見えながら、死に対して貪欲なのか?

というか、逆に感覚が鈍いのか…?

そこが最も気になる。これは社会学、民俗学の領域なのかな??

では、死刑に賛成か反対か?

私は、この本を読んでもまだ「賛成」「反対」とハッキリ言えるには至らなかった。でも、著者の論理の運びには納得できる部分が多かったので、今の時点では著者と同じ意見になっている(結論は読んでから知ったほうがいいと思うので、伏せておきます)。

ドライな考え方をすればそういう結論が正しいのかもしれない。

でも、ウェットな考え方をすれば見え方は違うだろう。もう少し他の本も読んでみたい。


↓参考文献で気になったものはこれ。

こんな記事もあります

www.anyplacebut.tokyo