ここではない、どこか遠いところ

旅行記、写真、読書、日々考えること

五島列島初上陸!中通島から旅のはじまり【五島列島の旅 01】

5月3日、2018年のゴールデンウィーク後半戦の初日。早朝から羽田空港へ向かった。

意外と空いていた羽田空港

早朝の東京は土砂降りの雨。

電車に乗って羽田空港まで行こうと思っていたのだけれど、雨も降っていたし電車だとあまり搭乗時間まで余裕がなかったので、急遽途中までタクシーを使った。

京急蒲田駅からは始発の電車に乗る。周りには明らかに浮かれた人たちがたくさん乗っていて、あぁ旅行だなぁ、としみじみと実感。何しろ飛行機に乗るのが二人共5年ぶりくらいなのだから。


今回利用したフライトは、往復共にソラシドエアー。行きは6:55羽田発、8:50長崎着のSNA031便。

連休なのに羽田空港は思ったほど混んでおらず(いやむしろ全く混んでいなかった)、搭乗手続きも一切並ばずにできたので拍子抜け。飛行機に乗ること自体がかなり久しぶりなので、液体化粧品は手荷物に入れられないのかな!?などと心配したけれど、ある程度の容量なら普通に持ち込めるようになっていた。

朝ご飯は駅弁もとい空弁を買った。夫は豚丼、私は柿の葉寿司。朝からかなりガツガツ食べられる派。そしてスタバでコーヒーを。


さほど待たずに搭乗時間が来た。朝早いので眠く、飛行機ではガイドブックも全く見ずにガン寝してしまった。毎度のことだけれど「予習は飛行機の中でしよう」という思惑はたいてい叶わない。

実は旅の計画を始めたのが2ヶ月前だったので、直前はやや中だるみ(?)というか、旅に対するテンションが維持できずあまり詳細に教会のことを調べたりできなかった。実際に歩いてみれば、もちろんテンションは最高潮だったけれど。

航空券の予約を確定したのは、3月半ばのこと。連休中のかなり一般的な時間帯(行きが3日の早朝出発で帰りが5日の深夜着)だったせいか、この時点で羽田―長崎往復航空券の価格はかなり高騰気味で、この便を取るにはギリギリのタイミングだったなぁと思います。航空券を探したのは使い慣れているスカイスキャナーで、実際に予約したのはさくらトラベルというサイト。さくらトラベルは初利用だったけれど、対応が早くて良かったです。

長崎空港はもっと空いていた

長崎空港に着いた。

手続きは一瞬。人もかなり少なかった。

…いや。全然人がいなかった、というほうが正しい。これがゴールデンウィーク?とこれまた拍子抜け(この旅は、その後もひたすら観光客が少なかった。人が多いのが苦手なので良かったけれど)。

9:15発のリムジンバスで空港から長崎市内まで。リムジンバスの乗車時間は40分ほどで、途中はほとんど停車せず大波止というバス停で降りた。初上陸の長崎、なかなか雰囲気が良い!

本当は市内の大浦天主堂に時間があれば行きたかったけれど、キャリーケースをひいて山の上に登るのはしんどそうだったし、時間があまりなかったので中止。
▶︎大浦天主堂公式サイト

その代わりに意外と寒かったので、目の前にあったショッピングモールのユニクロへ。夫が折りたためるパーカーを購入。その後もわりと朝晩は寒かった。東京より少し寒いくらいで、5月だと防寒具があった方がよさそう。

MEMO


長崎空港から市内まではリムジンバス(正式名称はエアポートライナー)が便利です。片道900円で、往復買うと1600円(片道800円)になったのでちょっとお得。予約はできないけれど、10〜20分に一本出ているし、空港を出てすぐの券売機で買えて時間はかかりません。

五島列島へ渡る場合は「大波止」で降りると船のターミナルが近いので、出島道路経由便というのを使いました。

時刻表など詳細は以下のURLにて。
長崎空港線エアポートライナー Nagasaki Airport Liner | 長崎バス

参考までにどの程度の時間で移動したかというと、8:50長崎空港着、9:15バス乗車→10:00頃バス下車、11:30長崎港発のジェットフォイル。トントン拍子でいけば余裕でした。

いよいよジェットフォイルに乗船

長崎港ターミナルまで、徒歩5分。

建物がけっこう前衛的だなぁと思い調べたら、建築家・高松伸による設計だったので妙に納得。


ジェットフォイルは11:30発。あらかじめネットで予約してあったので、予約確認メールのスクリーンショットを見せ、全ての工程分のチケットを発券してもらった。帰りの福江港から長崎港に乗るときは発券に並んでいたから、最初にまとめて発券したのはよかったと思う。

行きのジェットフォイルは満席だったので、予約していないと乗れなかった!(でもその割に島には人が少なかったのはなぜ?)


↑ジェットフォイル「ぺがさす」とご対面


↑いよいよ乗船!

MEMO


長崎港から五島列島へ渡る方法として、一番頻度が高くて利用しやすいのが、九州商船のフェリーとジェットフォイル

五島で1番大きな街がある福江島(福江港)行きがメインルートで、途中で中通島(奈良尾港)を経由します。私たちは中通島に先に渡ったので、長崎港→奈良尾港のルート。

フェリーだと福江港まで3時間、2320円(2等の場合)。ジェットフォイルだと1時間半、5730円。まさに時間をとるか金をとるか…といった感じ。ちなみにジェットフォイルには往復割引あり。

九州商船 Official Site
↑インターネット予約で座席指定までできて使い勝手は良好!

長崎市から五島に入るほかのルートとしては、船なら五島産業汽船で中通島へ、飛行機ならオリエンタルエアブリッジで福江島へ、という方法もあります。他にも佐世保や福岡からのルートなど各社で多種多様にあるし、島と島の移動も含めて計画するとなると、ガイドブックでの理解が欠かせません。

経験してわかったことですが、五島列島は島ごとに自治体が分かれているため、五島列島全体を網羅した観光サイトという存在がないのです。だから、アクセスを調べようにもあっちこっち見て訳が分からなくなってしまうので、ガイドブックが網羅した情報を得るのに最も有効だと思いました。(もちろんより詳細にはネットで調べる必要あり。)

例外として「メインの福江島に絞って観光する」という場合は、ネットの情報収集でも何とかなるかも。個人的には他の島がかなりお勧めなのですが。

最初の島「中通島」で奈良尾レンタカー

船は1時間かそこらで奈良尾港へ着いた。指定席で新幹線のような座り心地。酔うことはあまりないと思う。


港に降り立つと、奈良尾レンタカーの看板を持った夫婦が立っている。

レンタカーはすでに予約してあった。こちらの名前を名乗ると、すぐ目の前の駐車場まで車を持ってきてくれていたので、その場で免許証など確認して手続き。

カーナビの使い方を説明してくれた奥さん。

どこか行きたい所はありますか?」と聞かれたので、「近くの桐教会に行きたいです」と言ったら「中通島の教会は全部登録してあります!」と、登録地点リストの使い方を教えてくれた。

この機能。教会めぐりにものすごく便利でした。リストの中から教会が探せるのもさることながら、走っていると★印が地図上に出て「あ、近くに教会ある」とわかる。ポケモンGOみたいといえばわかりやすいかしら…世代的にはドラゴンボールって感じだけど(笑)

後に福江島に渡った時に実感しましたが、ガイドブックの情報を頼りに教会をナビの目的地に設定するのは、かなり困難でした。電話番号も住所も詳細にわからないことが多く、結局ナビの地図をいじって地図上で一つ一つ目的地を設定していました。

パンフレットも色々いただき、さらに、世界遺産候補の頭ケ島教会へ行く際には事前連絡が必要ということも教えてもらった(ガイドブックにはない情報)。とても親切。


さあいよいよ、桐教会へ!


INFO


奈良尾レンタカー
TEL: 0959-44-0364
奈良尾港からすぐ。Webサイトはなく、電話で予約。港につく時間をあらかじめ伝えておくと、迎えに来てくれます。夫婦で経営されているようで、あたたかい雰囲気が素敵。島のレンタカーは少ないので早めに予約が必要。


↓つづきはこちら
www.anyplacebut.tokyo

こんな記事もあります

www.anyplacebut.tokyo