ここではない、どこか遠いところ

旅行記と、日々考えること

日々のあれこれ

日常の些細な考え事やらなにやら

ベンツE400

朝、最寄駅まで歩くいつもの道の途中に、ベンツのE400という車が停まっていた。色はモスグリーンがかった淡めのグレーで、形はやや角ばっており、車高が低い。私は車に全く詳しくない。なぜそれがベンツのE400だとわかったかというと、お尻のナンバープレー…

明朝体にしてみました。

いろいろ悩んだ結果「ブログを試験的に明朝体で(も)書いてみよう」という結論に至りましたので、その経緯を書いてみます。(……と言いつつこの投稿はゴシック体です。それについては後述) 明朝体とゴシック体で悩んだ日々 そもそも私はブログ開設時点でこ…

秋が嫌いだ。そう思い始めたのは、23歳ぐらいの頃だと思う。別に何か嫌な出来事があったわけではない。意識し始めたのがその頃だと思う、というだけで、本当はもっと前から嫌いだったような気がする。また今年もしっかりと涼しい秋がやってきた。そしてやっ…

思いのままに言葉を綴るために

春からブログを始めたことと、たまたま仕事で文章を書くタイミングが重なったことにより、自分の文章とはじめて真っ正面から向き合うことになりました(本来は文章を書く仕事ではないので)。以前から文章を書くのが好きだったけれど、それは一人で好き勝手…

平成最後の秋

平成最後の秋が来た。2018年(平成30年)9月1日。-土曜日はいつも早めに仕事を切り上げて帰るのだけれど、今日は珍しく、来週のためを思って仕事をできるだけ進めておいた。「早く帰りたい」という気持ちよりも、「ギリギリまで仕事を後回しにして最後に忙し…

センチメンタル

この世には三種類の人がいると思ったのです。 センチメンタルなものが大好きな人 センチメンタルなものが好きだけど、自分では積極的に表現したくない人 センチメンタルなものが嫌いな人 割合は職業やコミュニティによってかなり変動します(私調べ)。 さて…

「幸せって何だと思う?」|『泣き虫チエ子さん 愛情編』益田ミリ

この本(正確には漫画)を読んですごく驚いてしまいました。出てくる夫婦があまりにも自分と夫にソックリだったからです。泣き虫チエ子さん 1 (愛蔵版コミックス)posted with ヨメレバ益田 ミリ 集英社 2011-12-20 AmazonKindle楽天ブックス7net いろんなこ…

ブログ開設から5ヶ月たって

前回は3ヶ月の節目に振り返りました。www.anyplacebut.tokyoそれから2ヶ月たって何が変わったのか?はたして大して変わってないのか…? 相変わらずGoogle(以下略) アドセンスにはその後もう一度チャレンジして、また落ちました。慣れてしまったのでもうシ…

一級建築士試験

こんな記事を偶然見つけました。 headlines.yahoo.co.jp建築関係の仕事が基本的にブラックというのは関係者にとっては当たり前のような感覚だと思いますが(よくないけど)、そのような仕事をしながら建築士の資格をとるのってなかなか大変です。この記事の…

曖昧なものごと

理由や白黒をすぐ求めてしまうのは悪い癖だと思う。根本的に、すべての行動には理由がある、という思想を持ってしまっているので、疑問を抱くような(いいとか悪いとかでなく、なぜそうなのか?と理解がすんなりできない)行動に出会うと、まわりの人に「な…

35mmネガフィルムを入手したい

(Klasse W+FUJICOLOR C200)旅行でフィルムを使い切ったので補充しようと、とりあえず街の小さな写真屋さんで見てみたら、選択肢が少ないうえに高い。いや、やっぱりネットで買おう。と、探してみたのです。…が、35mmのフィルムの選択肢っていまだいぶ減っ…

『おっさんずラブ』みました。表現者って凄い。

遅ればせながら、『おっさんずラブ』全話みました!昨日の投稿との高低差がありすぎて自分でもよくわからない…。しかし、あれはあれ、これはこれで非常に伝えたい話なのです。episode1 OPEN THE DOOR!発売日: 2018/04/25メディア: Amazonビデオこの商品を含…

死刑は「正しい暴力」なのだろうか|『死刑 その哲学的考察』萱野稔人

2018年7月6日、そして7月26日。合わせて13名のオウム真理教事件死刑囚に、死刑が執行された。そのニュースは日本にとっても世界にとっても衝撃的だったと思います。個人的にも、もちろん驚くべき出来事でした。これまでの経験上「死刑」というものが実際に執…

切ないという感情の正体

説明できない物事がとても嫌なのだ。気持ち悪い、というか、スッキリしないので、なんとしてでも自分なりの説明を試みている。たとえば理解できない行動に遭遇した時なんかは、「お腹が空いていて機嫌が悪かったんだろう」とか勝手な理由づけをしてまで、理…

ソラチカカードを作ってみた

ANAのマイルを貯めるぞ!と決意、早速ソラチカカードなるものを作ってみました。 ソラチカカードがなぜ必要? ソラチカカード概要 なぜマイルが貯まるのか? マイル高レート交換の仕組み ソラチカカードをお得に作ろうと思ったのだけど失敗した話 ソラチカカ…

好きな小説ベストテン(2018年)

小説を読んでいるときに「これはベストテンに入るかな〜」と、ふと思ったのです。では、自分にとってのベストテンってどれなんだろう??そんなに多読なほうではないのだけれど、5年後、10年後となれば好きな本は変わるかなという気もして、なので一応、区切…

映画館で観る映画、本で読む小説がいい|『キネマの神様』原田マハ

どこにでもある構成、あぁ見たことあるなぁこの感じ、という小説だった。全ての展開に予想外はなく、あまりに紋切り型で進むストーリー。なのになぜか続きが気になって一気に読んでしまった。そして気づいたら目がすこし潤んでしまっていた。この後どうなる…

ブログを3ヶ月続けてみてわかったこと

4月から始めたこのブログも、もう3ヶ月が経とうとしています(ブログ開設は4月半ばだけど、それ以前にすこし別アカウントで書いていたので)。今日はその振り返りを書いてみようかと。 ↑余談ですが…これはフリー素材の写真なのだけど、MacBook Airの画面割れ…

インターネットは私たちを幸せにしたのだろうか?

関西の地震では今もたくさんの方が不便を強いられていると思う。不幸にもブロック塀の下敷きになってしまった女の子のニュースは、建築を仕事にしているだけに他人事と思えず、はっとさせられるし本当に心が痛ましかった。建築物(工作物含む)は容易に人の…

マイルを貯めてみようと思い、いろいろ調べた。

突然、マイルを貯めようと思い立ちました。 きっかけは一件のツイートを見たこと。これから結婚式をする方へお伝えしたいんだけど、結婚式はカード決済可能な式場に決め、年会費高くてもマイル還元率の良いカードをとっとと作り、数百万の支払いまるっとマイ…

もう父は煙草を吸わない

今週のお題「おとうさん」ということで。 物心ついた頃から「おとうさん」と呼んだ記憶がない。「父」と呼んでいる。もちろん変だと思っているけれど、もう一生このままだと思う。どうしてかというと、保育園の年長〜小学校1、2年生あたりの(早くも)多感な…

愛猫の病気とササヘルスについて

うちには猫が一匹います。雄、もうすぐ3歳くらい。正確な年齢がわからないのは、もともと捨て猫で、生まれて半年ぐらいのときに以前の飼い主さんからもらった=里親になったから。今日はその猫の話です。猫に関してわからないことはいつもネットで調べるんだ…

故郷への想いの軽重

修学旅行といえば思い出はひとつ。高校2年生の時、二泊三日で沖縄に行った。片田舎の高校生にとって沖縄なんて超絶ハイカルチャーな地だった。で、修学旅行や遠足といえば?女子にとっては「私服を選ぶ」という死活問題がある。これがもうメインイベントと言…

来た電車にぽっと乗る安心感

仕事の都合で、新宿駅から横浜方面に行くため湘南新宿ラインに乗ることがある。新宿駅の1番ホームで待つわけだけど、そこは横浜へ行く電車だけでなく新木場方面の電車も来るので、まず電光掲示板を見て何分のに乗るか確認して、電車が来ても合っているか確認…

「二番目からは美しい」という言葉を知っていますか?

…と質問しつつも、実際にこの言葉を知っている人はほとんどいないだろうと思う。なぜそう思うかというと…Googleで検索しても全くヒットしないので。 (ちなみにヒットするのは『世界で二番目に美しい数式』という本、これはこれでとても面白そう) 建築家、…

村上春樹の魅力の半分はエッセイである

こんなこと書くのは賭けというか、アンチも多いしファンは熱烈だし色々と気になることはあるけど、でも知らない人には知ってほしいなぁと思うので書いてみます。今さら説明するような人でもないので一応wikiを貼っておきます。 村上春樹 - Wikipedia

結婚するとアイデンティティーの半分が失われてしまうかもしれない

以前も書いたけれど、私は下の名前がちょっと変わっている。少なくとも今まで生きてきて同じ名前の人に会ったことがないし、同じ名前の人が存在するという話も聞いたことがない。名字もまあまあ珍しかったけれど、こちらは多くの人が耳にしたことがある名字…

惜しみなく旅をさせてあげられる人になりたい

今週のお題「おかあさん」ということで。 母という人間を象徴する言葉は「忍耐」だと思う。母は、私を含めて4人の子どもを育てあげた。何をされてもカッとなった所はあまり見たことがないし、子どものワガママにも寛容に対応してきたし(今もなお)、さらに…

デジタルでなくフィルムを、白黒でなくカラーを、ポジでなくネガを選ぶ理由

五島を旅した興奮がなかなか冷めません。早く現像出来上がらないかなぁ?という気分も久しぶり。www.anyplacebut.tokyo先日のエントリーでも書いたように、フィルムカメラはしばらく使っていなかったのだけれど、やっぱり私は「フィルム」で「カラー」で「ネ…

フィルムカメラで撮る日常

久しぶりに写真を現像に出しました。実に2年半ぶり。たった2本のフィルム。それだけフィルムカメラを使っていなかったんだなぁ、すっかり使わなくなったなぁ。